株主優待☆オークションランキング

株主優待の縮小事例に見る優待投資のリスク

                                    2004.10.16作成   随時更新

  優待目当てで、株式を購入しても、優待が廃止されたり、縮小されるリスクはつねにあります。「配当」は株主総会の議決が必要ですが、「株主優待」は会社がいつでも自由に変更できます。業績の悪化や個人株主の急激な増加のために、株主優待が「負担」となり、方針を変更する会社も増えて来ました。また、業績が良くても、外国人の持ち株比率が上がったために、日本独特のシステムである株主優待の廃止を求められる場合もあります。

 個人株主に人気の会社が株主優待を変更すれば、株価にも影響を与えることになります。株主優待の継続性や会社の将来性を見極めるとともに、いわゆる高値づかみをしないことが大切です。

 近年の縮小例の主なものを下に挙げます。

2003年3月権利確定分から

7522 ワタミフードサービス (3月・9月)

優待券の使える曜日、方法を変更

優待金額は6000円で変更ありませんが、「飲食1回につき1人1枚利用可・金土曜日、祝日前日は利用不可」の制限がつきオークション相場は4500円前後から3000円前後と下がりました。

2004年3月権利確定分から

7642 ビジョンメガネ (3月・9月) 

割引券の割合が50%から、30%に変更

これまでは、1枚1000円前後で取引されていたものが、300円前後と急落しました。
50%引きの優待券は 1,000株以上となりましたので、供給が減り相場が上昇しました。

6829 ソーテック (3月) 

割引券の割合が15%から、10%に変更

既に前年度に、20%から15%に下げられていたにもかかわらず連続の縮小となりました。しかも、私の知る限り何のアナウンスもなかったように思います。もちろんアナウンスは義務ではありませんが、他社ではたいていの場合、縮小にいたった説明をしていますから、この会社の個人株主に対する姿勢には疑問を感じます。オークション相場はもちろん急落しました。

ONKYOと合併したため、優待は2008年で終了しました。

2004年6月権利確定分から

9173 東海汽船 (6月・12月)

割引券の割合が50%から、35%に変更(ただし夏季は25%引きで変更なし)

縮小の主な理由は、「他の旅客輸送機関との比較で、優待幅が突出して大きい」ということです。夏季(7、8月)の割引率に変更はないので、他と比べ縮小の影響は小さくなります。

2004年8月権利確定分から

8263 ダイエー (2月・8月)

割引の割合が10%から、5%に変更

従来は、1回2000円以上でないと使えませんでしたが、割引券からカード制への変更に伴い、最低仕様金額は20円以上となりました。
縮小の理由は、「利便性向上、所有株式数別の贈呈額維持、OMCカードなど他の割引特典と併用できる点などを総合的に勘案し、割引率を5%とする」ということです。

2004年9月権利確定分から

7419 ノジマ (3月・9月)

1対2の株式分割に伴い、優待の基準単位が100株から500株に変更

これまで100株所有していた株主は、優待を受けるためには、300株(分割後)の買い増しが必要となりました。
優待相場は、上昇すると思われますが、優待利回りの行方は不透明です。

 

2004年12月権利確定分から

7419 小僧寿し本部 (6月・12月)

グルメカード7500円分から4000円分に(500株)

1,000株以上は、ジェフグルメカード17,500円から10,000円分に変更となりました。
理由は、業績の悪化です。

 

2005年3月権利確定分から

9882 イエローハット (3月・9月)

優待券3000円分(商品券と同等)から優待券3000円分(-30%相当の割引券)に(100株)
ただし、3000株以上と5000株以上の株主は優待金額を引き上げ。

理由は、「持ち株数に応じたサービス向上と、使い勝手を良くし、小額の買い物にも無駄にならず、数回に分けて使えるようにといった株主からの要望にも応える。」となっています。
商品券方式から割引券方式に変更となり、従来は、3000円券1枚だったのが、300円券10枚になりました。(優待に期待する個人株主の多くは100株以上1000株未満だと思われますので縮小事例に入れました。)

 

2005年9月権利確定分から

9677 日本ジャンボ ( 9月 )

100株以上の優待の招待券が廃止に。50%割引券のみの優待となる。

1,000株以上は、「万葉の湯」入館優待券:一律招待券2枚、割引優待券(50%引き)
5枚を贈呈。となります。 負担の大きい招待券をカットした形になりました。

 

2592 ポッカコーポレーション ( 9月 )

廃止。従来は、1000株で2000円相当の自社製品。

 

 

2006年権利確定分から

9887 松屋フーズ (3月 )

年2回の優待を年1回に変更(自社指定メニューより1品選択可能な優待食事券10枚)

これまで9月にも優待を行っていましたが3月のみとなりました。もともと手厚い優待だったので、企業の立場に立てば仕方ないのかもしれません。

 

7645 日本トイザらス (3月 )

年2回の優待を年1回に変更(7月の株主優待を廃止)

赤字転落から復活しつつはあるのですが、残念なところです。

2008年に優待は廃止されました。

 

2006年12月権利確定分から

2688 レックス・ホールディングス (6月・12月)

MBOにより上場廃止

長期保有者に優遇する優待も出していただけに、裏切られたと思った株主も多かったことでしょう。

2709 タスコシステム (12月)

年2回の優待を年1回に変更(6月の株主優待を廃止)
優待金額を縮小(1株の場合5000円→3000円)

従来は、年間10000円分の食事券が3000円に減ったということになります。

2008年上場廃止となりました。

2007年7月権利確定分から

2353 日本駐車場開発(ジャスダック)

変更前:
 【駐車場1日無料利用券及びサンアルピナ鹿島槍リフト1,000円分割引券】
  1株以上:1枚   5株以上:2枚

変更後:
 10株以上一律
 @1日駐車料金30%割引券5枚
 Aサンアルピナ鹿島槍スキー場単独リフト50%割引券(1枚で4名利用可)2枚

優待の単位は引き上げるは、無料券から割引券にということで著しく価値が落ちました。

 

2007年は上記の他にも、業績悪化のため優待縮小する企業が出ました。

2008年は、サブプライム問題等を原因とする株価下落のためか、トイザラスやジャストシステムなど、優待廃止・縮小する企業が次々と出ました。

 

2009年より廃止

 9973 小僧寿し本部(ジャスダック)

<廃止理由>
 昨今の経営状況を鑑み、また株主還元の公平性という観点から検討を重ねた結果。

 2929 ファーマフーズ(東証マザーズ)

<廃止理由>
 経営資金の集中活用及び有効活用を図るため、企業体質の改善と合理化に取組んでおり、今般、その施策の一つとして、株主優待を廃止。

 

2009年3月権利確定分から

6262 ペガサスミシン製造(東証一部)

500株以上 2,000円相当の「郵便局の選べるギフト(花コース)」(年1回)
 従来は100株以上500株未満は「郵便局の選べるギフト(花コース)」年1回、500株以上は年2回

<縮小理由>
 昨今の経営状況を鑑み、また株主の皆様への公平な利益還元の観点からう観点から検討を重ね変更。

 

7732 トプコン(東証一部)

100株と500株の優待を廃止。1000株の優待は継続。

6927 フェニックス電機(東証一部)

100株以上一律 1,000円相当の商品
 (従来は保有株式数と保有年数に応じたカタログギフト)

 

7212 エフテック(東証一部)

100株以上一律 1,000円のクオカード
 (従来は3000円のクオカードと健康電話相談サービス)

<縮小理由>
 平成21 年3 月期決算において当期純損失を計上する見込みとなり、
このような業績状況を鑑み、当該株主優待制度を一部変更。

 

※2009年は上記のほかにも、業績低迷のため縮小・廃止する企業が多数出ました。

 

2010年2月権利確定分から

7448 ジーンズメイト(東証一部)

廃止。従来は、100株で3000円相当の買物券。

<廃止理由>
 「平成22 年1 月21 日に開示いたしました「業績予想の修正」に記載のとおり、大幅な減収減益となる見通しとなりましたことを勘案し、誠に遺憾ではありますが、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。」

無借金経営の優良企業でしたが、ユニクロ等の激安ジーンズに影響を受けました。商品券タイプの優待の、突然死ですね。バルスのように割引券に変更という手もあると思いますが、業績がよくなったら復活するでしょうか。
(2010年1月発表)

 

7415 新星堂(JASDAQ)

廃止。従来は、500 株(平成21 年2月期までは1,000 株)以上に、「株主優待割引券」。

<廃止理由>
 「平成22 年2月期決算におきましても営業赤字となることが確実なことから、今後の厳しい経営環境を勘案して、株主優待制度を廃止させていただくこととしました。」
(2010年1月発表)

 

2010年3月権利確定分から

2871 ニチレイ(東証一部)

廃止。従来は、1,000株以上で自社グループ製品詰め合わせセット

<廃止理由>
 「株主の皆様に対する公平な利益還元が求められていることなどから検討を重ねました結果、現金による利益還元を充実していくことがより適切であると判断し、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。」
(2010年2月発表)

 

7462 ダイヤ通商(JASDAQ)

廃止。従来は、【図書カード】
        1,000株以上   2,000円相当
        5,000株以上   5,000円相当
        30,000株以上   8,000円相当

<廃止理由>
 「昨今の業績、財務状況を勘案して、誠に遺憾ではありますが、廃止させて頂くことといたしました。」
(2010年2月発表)

 

2329 東北新社(JASDAQ)

廃止。従来は、【200株以上自社DVD作品等】

<廃止理由>
 「株主優待制度実施のためのコスト等を考慮し、また株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方という観点から検討しました結果、株主優待制度を廃止することといたしました。」
(2010年3月発表)

8749 エース交易(JASDAQ)

廃止。従来は、【500株以上クオカード1,000円分、1,000株以上=百貨店ギフト・カタログ3,000円相当、10,000株以上=百貨店ギフト・カタログ8,500円相当)自社DVD作品等】

<廃止理由>
 「平成22年3月期の業績が低迷する状況となり、また、株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方という観点から検討を行ないました結果、誠に遺憾ではございますが、株主優待制度を廃止させていただくことになりました。」
(2010年5月発表

 

 

2010年6月権利確定分から

3041 ビューティー花壇(東証マザーズ)

廃止。従来は、1,000株以上で、保有株式数と保有期間に応じて、「株主優待ポイント」を株主に発行し、それに応じて、優待商品カタログの中から選んで交換。

<廃止理由>
 「株主様に対する公平な利益還元の観点から検討を重ねました結果、平成22 年度より株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。
当社は、連結当期純利益の30%を配当性向の目標としております。業績の向上に努めることこそが株主様への公平かつ有効な還元策であると判断いたしました。」
(2010年2月発表)

2010年7月権利確定分から

4358 ティー・ワイ・オー(JASDAQ)

廃止。従来は、ウルトラマンシリーズのオリジナルクオカード
500株以上: (500円)を2枚
2500株以上: (500円)を4枚
5000株以上: (500円)を6枚。

<廃止理由>
 「当期純損失となる見通しとなりましたことを勘案し、誠に遺憾ではありますが、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。」
(2010年5月発表)

 

2010年8月権利確定分から

2683 魚喜(東証二部)

廃止。従来は、500 株以上を所有する株主に対し、市価5,000 円相当の自社ギフト商品。

<廃止理由>
 「平成22 年2 月期の業績状況を勘案し、また株主様への公平な利益還元のあり方という観点から慎重に検討を重ねました結果、株主優待制度を廃止することといたしました。」
(2010年4月発表)

 

2010年9月権利確定分から

7945 コマニー(東証二部)

廃止。従来は、100株以上: 
(3月)1,000円相当の自社オリジナルクオカード
(9月)1,000円相当の自社オリジナル図書カード

<廃止理由>
 「昨今の経済情勢の変化及び今般の会社業績を鑑み、平成22年度より株主優待制度を廃止させていただくことにいたしました。」
(2010年4月発表)

 

2393 日本ケアサプライ(東証マザーズ)

廃止。従来は、1株以上:1,000円相当のクオカード
       5株以上:1,000円相当のクオカードと自社関連商品

<廃止理由>
 「株主の皆様に対する公平な利益還元の観点から検討を重ねました結果、平成22年度より、本制度を廃止させていただくことといたしました。」
(2010年5月発表)

 

2011年3月権利確定分から

9766 コナミ(東証一部)

廃止。従来は、3 月末日現在並びに9 月末日現在の株主名簿に記録された100 株以上所有の株主様に対し、コナミスポーツクラブがご利用いただける「施設お試し券」を2 枚ずつ

<廃止理由>
 「株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方という観点から検討を行いました結果、株主優待制度を廃止することといたしました。」
(2010年6月発表)

 かなり前に予告ですから、廃止企業の中では良心的ですね。

 

2012年3月権利確定分から

7949 小松ウオール工業(東証一部)

廃止。従来は、3 月末日にオリジナル図書カード2000円相当

<廃止理由>
 「株主の皆様への公平な利益還元の観点から検討を重ねました結果、株主優待制度を廃止させていただくことといたしました。」
(2011年7月発表)

 こちらも、かなり前に予告です。東証一部らしい振る舞いでしょうか。

 

 


TOP 優待+配当:TOP50 51-300 1-300  詳細  外食産業 月別:1         10 11 12

    金額別:10 20 50 100 100以上
  優待(1-50位) 優待(51位--) 小額銘柄順  外食産業

総合 衣料 コスメ お米 飲み物 食べ物 外食 日用品 家電 文具 映画券 テーマパーク スポーツ おもちゃ スーパー デパート 金券 長期 航空船舶 鉄道 自動車 宿泊 リンク

             月別:1         10 11 12  金額別: 10 20 50 100 100以上

株主優待☆オークションランキング               Copyright (c) 2003-2013 kabran.net All rights reserved.