株主優待☆オークションランキング TOP PAGEへ          売り時研究 (株主優待の売り時・買い時)


03年後期  04年前期  04年後期  05年前期  ■05年後期

06年前期  ■06年後期  ■07年前期  ■07年後期  ■08年前期  ■08年後期

09年前期  ■09年後期  ■10年前期  ■10年後期  ■11年前期  ■11年後期

12年前期  12年後期  13年前期  13年後期  14年前期  14年後期

15年前期  15年後期


いつ売るべきか。それが問題?  

優待をオークションで売るとき、いつでも同じくらいの値段で売れるわけではありません。ここでは、いつ売るべきかベストタイミングを研究します。 (買う人にとっては、買い時研究にもなります。)

【原則1-1】 物の値段は需要と供給で決まります。一般的には供給の少ないときに売りに出すとよいでしょう。優待が送られてから1ヶ月は、供給充分な状態といえます。優待を受け取ってから、オークションに出すまで2ヶ月以上待つことをお勧めします。 ただし、ランキング上位銘柄は2ヶ月まっても上がるどころか更に下がる場合が多くなっています。出品数の多い優待は、到着即出品が無難です。

【原則1-2】 銘柄によっては、落札額のバラツキが多いものがあります。1ヶ月の中でも高値と安値が離れているものは、最高値が出そうな月になれば、こまめに相場をウォッチする必要があります。例えば、東海汽船は売る日によりかなり落札額が違ってきます。

【原則2-1】 では、需要はいつ多くなるか。日に注目すると明らかなことがあります。ズバリ25日です。何の日かわかりますよね。そう、給料日です。この日の前後は、比較的高値で落札される傾向があります。25日が月曜の場合は、落札日を24日にしてもよいでしょう。 (25日が必ず高値になるわけではありませんし、少額の優待だと関係ないようです。)

【原則2-2】 上記の原則が当てはまらないことも結構あります。無難な方法としては、供給が少ない日を狙うことです。買う側にしてみれば、供給の変動状況を予測している人は少ないでしょう。現在の相場がしばらく続くと思ってしまうものです。

【原則3】 1、2回で、使いきれない優待の場合は、原則1は適用されません。優待にはたいてい、有効期限があるので、優待が届いた日にオークションに出すのが良いと思います。

【原則4】 (この原則は根拠弱し)週末効果(土日が高く落札される)は有名ですが、サーバートラブルをさけるため平日に売るなら、木・金より、月・火の方がいいような気がします。土日で買い逃した人が買ってくれるのです。

【原則5】 オークション終了時間が深夜の時間帯の出品(23時から24時半)はリスキーです。最高値になったり、最安値になったりすることがあります。昼間の時間帯はもちろん避けた方がいいでしょう。(しかし、相場よりかなり高く落札されるのが、昼間から夕方にかけての時間帯でたまに見られます。上手くいく確率は低いのでお勧めしませんが、オークションの達人を目指すなら研究の価値があるかもしれません。)

 

以下は売り時ではなく、売り方です。

【補則1】 --- 販売単位 --- を考える。枚数が複数の優待券の場合、少なすぎても、多すぎても投資効率は低くなります。小分けにして売る場合は、当然手間も増えるので、時間と相談です。

【補則2】 --- 注目のオークション --- 出品数が多い場合は注目のオークション(yahoo)を上手く利用する。

【補則3】 --- 写真 --- 写真がないのは不利です。入札者にとっては、自分の入札品が間違っていないか確認するためでもあります。写真があっても不鮮明な物は、チケットといえども信頼感をなくします。写真のない場合は、丁寧で簡潔な説明を心がけます。
【補則4】 --- 入金 ---   振込先を明記します。ヤフーかんたん決済も用意した方がいいです。即決落札者の利用率は高いです。
 ゆうちょ銀行・3大都銀・楽天銀行・ジャパンネット銀行
の順で利用が多いでしょうか?6つの銀行全て用意するのが望ましいです が、敢えて4つに絞るとすれば、ゆうちょ銀行・三菱UFJ・三井住友・楽天銀行です。 ゆうちょ以外は、ネット振込みの場合手数料無料で振り込めます(銀行によっては他の条件も満たす必要あり)から落札者に好まれます。私の経験上3大都銀の中ではみずほ銀行を利用する人は少ないです。みずほは他支店振込の手数料無料の条件が少し厳しいです(2011.7.1現在)からオークションに向いていませんね。

【補則5】 --- 適度な説明 --- 説明が多すぎるのもNG。落札額の低いものの中には、あれはだめ、これはだめ、と細かい注意事項が沢山書いてあり、さらに取引上の方法について細かく指示されています。読むのがいやになるほど長いのです。要約力が必要です。

【補則6】 --- 即決価格のメリットとデメリット --- オークションで競り合うのが嫌な入札者もいます。早く手に入れたい入札者も必ずいます。(ただし、その場合は即決での落札に素早く対応することを書いていないと効果は薄れる。)出品物によっては、即決価格を設定した方がよいでしょう。デメリットとしては、オークションが白熱した場合、または相場を見誤った場合は、得られたはずの利益を失う可能性があります。

調査してわかったことは、高値のものは説明が丁寧で、写真もきれいでわかりやすく、高印象です。安値は、説明が少なめで、振込先銀行が書いていなかったり、「ノークレームノーリターン」という言葉によくお目にかかります。まあ、当たり前の結果ですね。


落札データはこちら

03年後期  04年前期  04年後期  05年前期  ■05年後期

06年前期  ■06年後期  ■07年前期  ■07年後期  ■08年前期  ■08年後期

09年前期  ■09年後期  ■10年前期  ■10年後期  ■11年前期  ■11年後期

12年前期  12年後期  13年前期  13年後期  14年前期


TOP 優待+配当:TOP50 51-300 1-300  詳細  外食産業 月別:1         10 11 12

    金額別:10 20 50 100 100以上
  優待(1-50位) 優待(51位--) 小額銘柄順  外食産業

総合 衣料 コスメ お米 飲み物 食べ物 外食 日用品 家電 文具 映画券 テーマパーク スポーツ おもちゃ スーパー デパート 金券 長期 航空船舶 鉄道 自動車 宿泊 リンク

             月別:1         10 11 12  金額別: 10 20 50 100 100以上

株主優待☆オークションランキング               Copyright (c) 2003-2013 kabran.net All rights reserved.